ストレスフリーの生活がしたい!失敗しない賃貸住宅の選び方

ストレスフリーの生活がしたい!失敗しない賃貸住宅の選び方

隣接する部屋への生活音の漏れ賃貸物件を選ぶにあたって気を付けなくてはいけないのが生活音の漏れです。一口に集合住宅と言っても物件によって隣との壁の厚みは違います。家賃が安めに設定されているワンルームマンションでは、壁が薄過ぎて普通に生活していても隣に漏れてしまうケースも少なくありません。この点をチェッ…


隣接する部屋への生活音の漏れ

賃貸物件を選ぶにあたって気を付けなくてはいけないのが生活音の漏れです。一口に集合住宅と言っても物件によって隣との壁の厚みは違います。家賃が安めに設定されているワンルームマンションでは、壁が薄過ぎて普通に生活していても隣に漏れてしまうケースも少なくありません。この点をチェックしなかったことで本来であればくつろげるはずの自宅で騒音に悩まされてストレスを溜めてしまうという失敗例もあります。内見の時に壁を軽くたたいて厚みを確認しておくことが大切です。家賃は高くなりますが、角部屋を選べば気を付ける範囲が半分で済みます。

収納の数と広さの確認

収納スペースの広さと数も大事なポイントになります。収納は日用生活で利用頻度が少ないレジャー用品や季節限定の家電を閉まっておくのに便利な場所ですが、物件ごとに広さは様々です。いくら収納の数が多くてもスペースが小さくて荷物が入れられなければ意味がありません。棚の使い勝手、中の広さを確かめて自分の荷物が入るかを頭でイメージすることで収納トラブルは回避できます。

暮らしやすさに影響する周辺環境

内見で見落としがちになるのが物件周辺の環境です。賃貸物件を選ぶ時に家賃の安さだけにこだわって決めてしまう人も少なくありません。家賃が安くてもコンビニを始めとしたお店がない、最寄り駅まで時間が掛かるなどの不便な環境では生活がしづらくなります。物件から徒歩10分圏内を散策してどういったお店があるかを自分の目で確かめておかなくてはいけません。

江別の賃貸を探すときには、エレベーターや宅配ボックスなどの有無を事前に確認しておくと失敗が減らせます。