注文住宅の建設時に屋根裏部屋を造るメリットとは!

注文住宅の建設時に屋根裏部屋を造るメリットとは!

収納場所として活用できる注文住宅を建てる際、屋根裏部屋を造りたいと考えている方は少なくありません。屋根裏部屋を住宅設計として取り入れるメリットは、収納スペースとして活用できる点です。例えば、季節外れの衣類、キャンプなどのアウトドア用品、子供のおもちゃなど普段使わないものをきれいに収納できます。屋根裏…


収納場所として活用できる

注文住宅を建てる際、屋根裏部屋を造りたいと考えている方は少なくありません。屋根裏部屋を住宅設計として取り入れるメリットは、収納スペースとして活用できる点です。例えば、季節外れの衣類、キャンプなどのアウトドア用品、子供のおもちゃなど普段使わないものをきれいに収納できます。屋根裏部屋は一般的なクローゼットよりも広いスペースを確保できるので、収納に困ることがありません。部屋の整理整頓がきちんとできるので、大変便利ですよ。

寝室として使うことができる

屋根裏部屋があるメリットというと、寝室として使える点も挙げられます。そもそも屋根裏部屋は生活音が響きにくいので、快適に眠ることができますよ。ただ寝室として活用する際には、室内の温度と湿度の調整を忘れずに行うことが大事です。というのも、屋根の近くにある屋根裏部屋は直射日光の影響をもろに受けるからです。特に夏場は熱がこもりやすく、エアコンを設置しなければいけません。また、冬の時期は冷気を完全にシャットアウトできるように屋根に断熱処理をする必要があります。

子供部屋にうってつけ

子供部屋として使用できる点も屋根裏部屋のメリットといって過言ではありません。屋根裏部屋は天井が低いので、小さな子供が遊ぶには十分だといえます。普段とは違う雰囲気なので、子供が喜んでくれることは間違いありません。また、子供部屋が2階にあると、1階にまで足音や喋り声が響く可能性が高いです。その点、屋根裏部屋ならば音が響くこともなく、自宅にお客さんを招いても安心ですよ。

東京の注文住宅は都心部に近いほど、三階建て前提での住宅設計が多くなります。郊外に近づくほど、庭付きの住宅設計が行いやすいです。