注文住宅の間取りは生活動線を考慮して決めることが大切

注文住宅の間取りは生活動線を考慮して決めることが大切

生活動線とはどのような概念なのか?注文住宅の間取りを決める上では、そこに住む家族の生活動線を考慮するということが重要になります。この生活動線というのは、住宅内を住人がどのように移動するのかを線状にして表したもので、基本的には動線が短ければ短いほど、ストレスを感じずに暮らしやすい間取りであるとされてい…


生活動線とはどのような概念なのか?

注文住宅の間取りを決める上では、そこに住む家族の生活動線を考慮するということが重要になります。この生活動線というのは、住宅内を住人がどのように移動するのかを線状にして表したもので、基本的には動線が短ければ短いほど、ストレスを感じずに暮らしやすい間取りであるとされています。同じ間取りでも、そこに住む家族の生活スタイルによって動線は異なるため、まずは施主自らが自分の家族をイメージしながら動線を描いてみると良いでしょう。ただし、施主のイメージが必ずしも実際の家族の動線と一致するとは限らないため、間取り上に動線を描いたら家族にもチェックしてもらうのがおすすめです。また、素人がいきなり動線を描こうとしても上手くいかないことが多いので、なるべく事前に設計士などから指導を受けるようにすると良いでしょう。

動線を踏まえて間取りを設計しよう

間取りの上に生活動線が描けたら、続いて少しでも線を短くできないかを検討しましょう。余計な廊下があれば取っ払ってしまうというのも一案ですし、脱衣所から洗濯物を干すベランダまでの動線を縮めるために浴室を2階に持ってくるというのも良いかもしれません。また、帰宅してすぐに衣類を着替えるという生活スタイルの家庭の場合には、玄関横にクローゼットを設けておくと、ストレスなく暮らせるようになるかもしれません。暮らしやすい間取りは家族によって多種多様ですので、生活動線を踏まえて、自分たちだけのベストな間取りを見つけるようにしましょう。

埼玉の注文住宅といっても県内のどこに家を構えるのかによって価格はだいぶ異なります。東京に隣接している街は都心部への通勤通学に便利であるため、人気が集中し土地の価格が高騰するなどしているからです。