狭小住宅もメリットがある!その活かし方や間取りのアイデア

狭小住宅ならではのメリットとは?狭い土地に建てる狭小住宅は制約も多くなりますが、狭いからこそのメリットもあります。まずは、土地が小さいので土地代も安く、一坪あたりの価格が高い人気の都市部でも土地にかかる予算を抑えられるため、利便性の高い地域に家を建てることができます。建築に関わる費用や税金なども面積…

注文住宅の間取りは生活動線を考慮して決めることが大切

生活動線とはどのような概念なのか?注文住宅の間取りを決める上では、そこに住む家族の生活動線を考慮するということが重要になります。この生活動線というのは、住宅内を住人がどのように移動するのかを線状にして表したもので、基本的には動線が短ければ短いほど、ストレスを感じずに暮らしやすい間取りであるとされてい…

注文住宅で理想の住まいづくりを成功させる4つのポイント

業者選びはサイトや実績を重視注文住宅をつくるとき一般的には「工務店」または「ハウスメーカー」に依頼しますが、この2つには違いがあります。工務店は細かい注文を聞いてもらえて、変更があっても柔軟に対応できる傾向があります。一方でハウスメーカーは、あらかじめプランや標準仕様が決まっていて、既に決まっている…

注文住宅の建設時に屋根裏部屋を造るメリットとは!

収納場所として活用できる注文住宅を建てる際、屋根裏部屋を造りたいと考えている方は少なくありません。屋根裏部屋を住宅設計として取り入れるメリットは、収納スペースとして活用できる点です。例えば、季節外れの衣類、キャンプなどのアウトドア用品、子供のおもちゃなど普段使わないものをきれいに収納できます。屋根裏…

注文住宅を建てる際に気をつけるべきポイント

家族が暮らしやすい間取りと動線を心掛ける注文住宅を建てる際には、間取りと動線を意識する必要があります。土地の取得から入り、自由な設計を行える注文住宅は、理想の住環境を構築できる点が魅力です。長きに亘って暮らす以上は、居心地の良い室内空間であることは欠かせません。日々の暮らしの中で、家族がどのような動…

バルコニーも大事!賃貸住宅を選ぶにあたっての注目ポイントとは?

奥行きの長さでワイドバルコニーかどうかが決まりますほとんどの賃貸住宅にはバルコニーが設置されています。物件を選ぶ際は、駅からの距離や部屋の間取りばかりに重点を置きがちですが、バルコニーもしっかり注視するようにしましょう。 まずバルコニーの奥行きは、1.5メートルくらいが標準的とされています。奥行きが…

ストレスフリーの生活がしたい!失敗しない賃貸住宅の選び方

隣接する部屋への生活音の漏れ賃貸物件を選ぶにあたって気を付けなくてはいけないのが生活音の漏れです。一口に集合住宅と言っても物件によって隣との壁の厚みは違います。家賃が安めに設定されているワンルームマンションでは、壁が薄過ぎて普通に生活していても隣に漏れてしまうケースも少なくありません。この点をチェッ…

注文住宅の施工に向けてやっておきたいことは?

ハウスメーカーの担当者や職人と打ち合わせをしよう長く暮らせる注文住宅を購入するためには、ハウスメーカーやの担当者や工務店の職人とこまめに打ち合わせをして、施工に向けてじっくりと計画を立てる必要があります。特に、予算に余裕がある場合には、施工実績が豊富なハウスメーカーに希望のデザインや構造を伝えて、地…

北海道では当たり前!?北国ならではの賃貸物件事情とは?

暖房器具が充実している一般的な賃貸住宅では夏冬両方の気温変動に対応出来るように、エアコンが標準設備となっているケースが多いです。しかし北海道では真冬の冷え込みが他県より厳しい事や、真夏でも30度を超える日が1週間前後である事を考慮してエアコンではなく暖房専用器具が備え付けられているのが一般的となって…

賃貸オフィスはどうやって選ぶ?基本を2つ知っておこう!

オンライン検索をして探す賃貸オフィスを探す方法として最も人気があるのがオンライン検索です。賃貸オフィスに強い不動産会社や、不動産のポータルサイトを利用すると全国各地で入居者を募集している賃貸オフィスを探すことができます。感覚としては個人が住宅の賃貸物件を探すのとほとんど同じです。検索して出てきた物件…