注文住宅で建てる時の良い間取りとは??動線と収納について

注文住宅で建てる時の良い間取りとは??動線と収納について

動線は家族が集まる場所を中心に考える人によっては仕事や学校から帰宅すると、居間に直行するといったこともあるでしょう。そのような場合、玄関から居間に行くまでの間に、できるだけ洗面所に立ち寄りやすい動線にしておくのが良いです。理由はすぐに手洗いやうがいができるのは、衛生上とても好ましいからです。さらに居…


動線は家族が集まる場所を中心に考える

人によっては仕事や学校から帰宅すると、居間に直行するといったこともあるでしょう。そのような場合、玄関から居間に行くまでの間に、できるだけ洗面所に立ち寄りやすい動線にしておくのが良いです。理由はすぐに手洗いやうがいができるのは、衛生上とても好ましいからです。さらに居間へ行くまでに、ウォークインクローゼットがあるのも良いでしょう。帰ってきたら手洗いうがいをし、埃がついた服を脱いで居間に行けるなら、清潔さを保つことができるのです。また洗面台を二つ作っておくという間取りもおすすめです。一つは玄関から居間の間に作り、二つ目は客間に行くまでの動線の途中にあれば、来客時でもプライバシーが確保しやすくなるからです。

何を収納するのかを考える

動線とともに、注文住宅で家を建てる際に重要になるのが収納に関してです。仮にいろんなものが入れられる広い収納スペースを作ったとしても、使い勝手が悪いと無駄になってしまう場合があるのです。そんなことにならないためにも、まずは収納したいものを一度確認しておくと良いです。そして家族がもっとも集まる部屋に収納を作り、そこに掃除機などの使用頻度が高いものを入れておきます。これなら家族全員が使いやすいですし、どこに収納したのかわからないといったことを避けられます。他にも洗濯機の近くに洗剤やタオルといった、洗濯に関連するものを入れられる収納があると便利です。もしも小さなお子さんがいる家庭なら、おもちゃを収納できるスペースが欲しくなります。ところが子供が成長してしまうと、おもちゃ用の収納は使いにくくなる可能性があります。そこで仕切り板やカーテンなどで、広さを変えられる収納を作っておきましょう。

京都の注文住宅を建てるには、土地選びやデザインなどさまざまなことが気になるでしょう。重要なのは、自分や家族にとって外せない条件を決めて、それを叶えてくれるハウスメーカーを見つけることです。