将来「価値」が上昇しそうな土地を探そう!

将来「価値」が上昇しそうな土地を探そう!

日本の土地は二極化が進んでいる!戸建の注文住宅を建てる際には土地が必ず必要になります。すでに土地を所有している場合には、建物だけの建設費用で済むので、住宅ローンを借りる場合にも、返済に余裕が生まれるというメリットが有ります。ですが、土地から購入をして住宅建設をするのであれば、土地探しは極めて重要な作…


日本の土地は二極化が進んでいる!

戸建の注文住宅を建てる際には土地が必ず必要になります。すでに土地を所有している場合には、建物だけの建設費用で済むので、住宅ローンを借りる場合にも、返済に余裕が生まれるというメリットが有ります。ですが、土地から購入をして住宅建設をするのであれば、土地探しは極めて重要な作業になります。建売住宅では、土地を選ぶことが出来ませんが注文住宅ではこのように、土地探しも自由に出来るというメリットが有るのです。ですがその分、将来的に価値の上がる土地を探すことが重要になるのです。日本は土地の価値が二極化しつつあります。購入するのであれば、価値の上がる土地を所有していたほうが、何かとメリットが有るのは言うまでもありません。

土地と建物の決定的な違いとは?

なぜ、土地探しが重要なのでしょうか。その答えは建物と土地の違いが原因です。建物はいずれ朽ちてしまう運命にあります。日本の住宅の質は年々上昇しているので、木造家屋であっても修繕を重ねれば50年や60年、それ以上使用することも可能です。とくに新耐震基準が制定された、昭和56年6月以降に作られた建物は、それ以前に作られた建物よりも丈夫な作りになっています。しかし、それでもいずれは取り壊して、新しい建物が建てられることになるのです。しかし、土地に関しては一切劣化することがありません。一度購入して売却しない限り、永遠にその土地を所有することが出来るのです。だからこそ、土地探しは重要な作業といえるのです。

土地探しは、新築の一戸建てや事業用のビルなどを購入する際に欠かせない手続きとなり、不動産屋やハウスメーカーなどを頼る人が多くいます。