狭小住宅もメリットがある!その活かし方や間取りのアイデア

狭小住宅もメリットがある!その活かし方や間取りのアイデア

狭小住宅ならではのメリットとは?狭い土地に建てる狭小住宅は制約も多くなりますが、狭いからこそのメリットもあります。まずは、土地が小さいので土地代も安く、一坪あたりの価格が高い人気の都市部でも土地にかかる予算を抑えられるため、利便性の高い地域に家を建てることができます。建築に関わる費用や税金なども面積…


狭小住宅ならではのメリットとは?

狭い土地に建てる狭小住宅は制約も多くなりますが、狭いからこそのメリットもあります。まずは、土地が小さいので土地代も安く、一坪あたりの価格が高い人気の都市部でも土地にかかる予算を抑えられるため、利便性の高い地域に家を建てることができます。建築に関わる費用や税金なども面積によって変わるため、狭小住宅なら安くて済みます。また、狭い分工夫が必要になるという点は、他には無い自分だけの家を作れるということでもあり、小さくても暮らしやすくておしゃれな家を実現することも可能なわけです。

狭い土地でも快適な家にできる間取りの工夫

限られた面積で建てる家は、どうしても狭さを感じがちです。そのため、狭小住宅ではなるべく壁で空間を区切らない間取りが有効で、吹き抜けを作るとか、床の高さをずらし1.5階などのスキップフロアを作ることで、開放感が実現できます。実際に使えるスペースを確保する方法としては、ロフトを設けるのが手軽ですし、コストはかかりますが地下室を作るという方法もあります。

収納スペースはどう確保すべき?

狭小住宅では収納スペースを作るのが難しいため、とにかくデッドスペースを活用するのが重要です。階段の下やスキップフロアの下など、使えそうな場所は利用できるように工夫しましょう。荷物を人目に付かないように隠すのも良いですが、あえて見せる収納にするのもおしゃれですし、出し入れの手間が省けて便利です。また、狭小住宅は後から家具を搬入しづらいという問題もあるため、ぴったりサイズの造り付け家具がおすすめです。

このように、狭小住宅でも工夫次第で快適な家を作れるので、狭さを活かした理想の家を追求してみてください。

狭小住宅とは約50平方メートル以下の土地に建てられた住宅のことで、地価の高い都心部にも一戸建てを建てられるという魅力があります。